【 クラウド型電子カルテ「きりんカルテ」 | 事例 】

クラウド型電子カルテ「きりんカルテ」を導入し、カルテの質の向上や転記の手間を削減。

※記事が表示されない場合はページ下部の関連URLからご確認ください。

【 要 約 】

 中西皮膚科の院長は、将来のクリニック承継に備えて、電子カルテの導入は必須だと考えていた。きりんカルテ以外にもいくつか候補はあったが、当時のきりんカルテは全機能が無料で利用できたので、コスト面で魅力を感じた。その後、営業から説明を受けた際もわかりやすく、必要な機能も備えているようだったので導入を決めた。以前からクラウド型の会計ソフトを使っていて非常に便利だと感じていたので、電子カルテも導入するならオンプレミスではなくクラウド型にしたかったため、きりんカルテ導入のポイントにもなった。
 きりんカルテ以前は院長が手書きしたカルテをスタッフが入力していたため、転記時にミスが起こる可能性があったが、電子カルテに移行したことで、その心配が不要になった。どうしても診察時は走り書きになりがちで、手書きの文字を読み解く必要があったが、今は必要なくなった。院長自身も紙カルテの時よりも詳細により速く記載できるようになり、業務の効率化につながった。
 皮膚科のため、きりんカルテに患部の写真を取り込めるという点が特に便利に感じている。紙カルテの時は写真を印刷して貼り付けていたので、この手間がなくなった。画像を見せながら診療することもでき、患者の納得度も高くなったと感じている。

※事例記事の読み込みができませんでした。ページ下部の関連URLからご覧ください。

提供企業(団体) : PHC株式会社
利用企業(団体) : 中西皮膚科

事例一覧へ戻る